あらゆる角度からデリケートゾーンの黒ずみ解消方法を分析調査!

「どうして私だけアソコが黒くなるの?」とデリケートゾーンの黒ずみを悩んでいる方のために、様々な解消法を提案します!

ちなみに陰部の黒ずみで悩んでいるのは、あなただけではありません。最近はビキニラインを脱毛する女性が増加傾向にあるため、隠れていたアソコの黒ずみが表だって目立つようになってしまいました。

そのため実は、同じように陰部の色素沈着で悩んでいる方は多くいます。場所が場所なだけになかなか話しづらいだけで、皆どうやって治すのか同じように考えているものです。だから落ち着いて今から紹介する方法を、チェックしてみてください。

普段の過ごし方でデリケートゾーン黒ずみを解消する方法

日頃の生活を見直すことも大切です。特に肌のターンオーバーをよくするように、規則正しく生活するようにしましょう。ターンオーバーとは、古くなった肌が新しく生まれ変わるサイクルのことを指します。

私たち人間の細胞は何度も蘇生を繰り返し、正常な肌サイクルは1周28日(基準は20代前半)です。しかし年齢を重ねるとだんだん周期が長くなり、新しい細胞に生まれ変わるのが遅くなります。

ターンオーバーが遅れると、メラニン色素が排泄されず、肌に溜まってしまいます。そのため頑固な黒ずみの原因にもなるので、食事・運動・睡眠などに気を遣った正しい生活が重要です。

デリケートゾーンの黒ずみを美白するための2つの方法

陰部の黒ずみを美白するには、美容皮膚科で医師に診てもらうか自宅でセルフケアするかの2種類あります。それぞれどのような方法があるのか、紹介します。

まず美容皮膚科では、レーザー治療やハイドロキノンを使った美白方法が一般的です。レーザー治療では、肌の中にあるメラニンにレーザーを反応させて除去していきます。即効性を実感しやすいメリットと、高額で痛みやダウンタイムを伴うデメリットもあります。

またハイドロキノンという医薬品を処方してもらうことも可能です。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるものです5%以上の濃度は安全上、医師による処方が必須となります。併用されるトレチノインもまた、肌のターンオーバー促進が強く望めますが、ハイドロキノン同様肌への刺激が強い成分です。

次に自宅で行う場合は、美白クリームを使うことになります。美白クリームと言っても陰部専用のもののことです。インターネット通販で購入出来るものが多く、薬局では手に入れにくいのが特徴です。

厚生労働省認定の有効成分が入ったものや、添加物フリーのものがあります。多くの陰部の黒ずみクリームは、全額返金保証つきの商品が多いのでしっかりお試し出来ることがメリットです。値段は安すぎることはありませんが、しっかり美白効果が期待できるのが特徴です。

美白&保湿でダブルケア!デリケートゾーンの黒ずみ用に開発されたクリーム

中でもおすすめのケア方法が、美白クリームを使ったものです。生活習慣を見直す方法よりも、美白成分が入っているので積極的にケアが期待出来ます。また、美容皮膚科のレーザーやハイドロキノンのように、痛みや副作用の心配もいりません。

デリケートゾーンのように、外部の刺激に敏感な部分向けに開発された商品なので、安心して使うことが出来ます。黒ずみ美白クリームは、添加物フリーであることが特徴の1つにあります。配合成分は商品により異なるものの、多くの陰部の黒ずみクリームには、美白成分や保湿成分がしっかり含まれています。

つまりデリケートゾーンの黒ずみクリームは、その他の解消法の欠点をカバーしている方法です。

今回は様々な解消法をお伝えしました。友達同士では話せない悩みですが、もし話せる人がいたら悩みを打ち明けるのも良いでしょう。そしてここで紹介したおすすめの方法を、シェアして一緒に解決していけば、モチベーションアップにも繋がります。

美白ケアは長く続けることが大切なので、長い目で見て努力すれば報われること間違いありません。