デリケートゾーンの黒ずみケアにも使えると噂のニベアクリームとは?

デリケートゾーンの黒ずみにも使えると噂されている、ニベアクリームは知名度の高い万能保湿クリームです。薬局やドラッグストアでも見かけるこのクリームは、本当にデリケートゾーンの黒ずみを消すことが出来るのでしょうか。

そもそもニベアクリームとは何か、まず見て行きたいと思います。ニベアは豊富なラインナップがあり、中でも青色シリーズが人気です。缶に入ったものや、チューブタイプなどがあります。ニベアの青缶とよく呼ばれていますが、正式名は「ニベアクリーム」です。

入手しやすくリーズナブル、しかもボディケアやヘアケアまでマルチに使える万能選手です。そのため多くの女性がSNSでも取り上げ、「すごいクリームがある」と話題にのぼっています。

多様な使い道があるため、1つあると何かと便利な商品です。肌に被膜を作る働きにより、摩擦や乾燥などから守る効果が期待出来ます。保湿力が期待出来るクリームなので、肌がスベスベしたり、健やかになるのを実感出来ます。

シンプルなクリームで、誰でも使いやすい所も魅力の1つです。

ニベアで美白ケアは出来る?デリケートゾーンの黒ずみを解消

大人気の保湿クリームのニベアで、デリケートゾーンの黒ずみを解消出来るのかどうか調べてみました。残念ながら、ニベアはうるおいケアには向いているが、黒ずみケアには向いていません。

その理由は、成分内容にあります。保湿成分は多く入っているのは良いことですが、美白成分が入っていないからです。デリケートゾーンの黒ずみをケアする場合は、美白や保湿成分が入っている、または新陳代謝の促進が期待出来るものを選ぶ必要があります。

しかしニベアには、新陳代謝や保湿ケア重視の成分ばかりで、メラニンを抑制する美白成分が入っていません。ニベアはデリケートゾーンの黒ずみを美白するには、戦力になりにくいのが実際のところです。

使用しない方が良い!?デリケートゾーンの黒ずみにニベアを塗る方法

デリケートゾーンの黒ずみにニベアを塗っても意味が無いことがわかりましたが、どうしても塗ってみたいという方もいるのではないでしょうか。正直陰部にニベアクリームを塗るのはおすすめ出来ません。

陰部に使用した人の口コミをチェックしていたら、「ブツブツが出来た」「肌荒れした」などの感想があったからです。陰部はムレやすく、ニベアには結構オイリーなテクスチャーなので、肌が荒れるのも無理はありません。

そしてどうしても使う際は、夜に使うことをおすすめします。濃厚なクリームなので朝塗ると、1日中ムレてしまう恐れがあるからです。肌荒れが出てしまった場合や、効果が無かった場合は使用をすぐに止めるようにしましょう。

特に敏感肌の方は特に使用を控えるようにしてください。せっかく前向きに黒ずみケアをしようとしているのに、肌荒れしてひどくなるのは辛いものがあります。

いくら万能クリームとはいえ、デリケートゾーンの黒ずみケアは本来の目的とかけ離れています。ニベアが陰部の美白を出来ないのは、仕方が無いことです。保湿ケアとしてはコスパも良い商品ですが、陰部に塗ることはおすすめしません。

しっかりとデリケートゾーンの黒ずみ解消するなら、専用の美白クリームを使うことをおすすめします。