ちゃんと選べば大丈夫!デリケートゾーンの黒ずみケアのクリームの選び方

市販で販売されているデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームは、効果があるのか無いのか気になっている方も多いのではないでしょうか。特に初めてケアを試みる方にすると、なかなか商品を買う決心がつきません。実際商品数も多く、どれを使えば良いのか混乱する気持ちもよくわかります。

そこで市販で売っている、陰部の黒ずみケア向けクリームの選び方について紹介します。もし商品選びで悩んでいるなら、今回紹介するポイントを押さえて探してみると良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームの選び方3つのポイント

陰部の黒ずみクリームを探す時には、ポイントが3つあります。1つ目はクリーム状になったものを選ぶことです。美容液やジェルタイプもまとめて美白クリームと呼ばれることがありますが、ピンポイントにしっかり塗れる本当にクリーム状になったタイプを選ぶようにしましょう。

あまり商品数は少ないですが、化粧水タイプはおすすめしません。さらさらしすぎてクリームのように長時間肌に留めることが難しくなるからです。

2つ目のポイントは、美白成分のトラネキサム酸が入ったものを選ぶことです。トラネキサム酸は厚生労働省により、お墨付きをもらっている成分です。メラニン生成をブロックし、黒ずみを作りにくい肌へと導く効果が期待出来ます。その他にも、ビタミンC誘導体やプラセンタなども、国から認定されている心強い成分です。

そして3つ目は、保湿力が期待出来るものです。保湿ケアはスキンケアの基礎の基礎で、特に重要です!私たちの肌は乾燥すると、外部刺激を受けやすくなります。黒ずみの原因にも繋がってしまうので、保湿ケアは欠かせません。それに潤いに満ち溢れた肌というのは、バリア機能も高くなるため、黒ずみを作りにくくしてくれます。

デリケートゾーンを保湿する場合は、お風呂上りに専用のクリームを塗ることが大切です。お風呂上りは、肌についている水分が空気中に蒸発すると共に乾燥を招きやすいタイミングだからです。

脱毛処理の前にも欠かさず保湿をするようにしてください。肌の水分量が上がり滑らかに脱毛しやすくなるからです。

お試しすることが重要!市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアを見つけるポイントを紹介しました。今回紹介した選び方は、最低限押さえておきたいポイントです。もう少しこだわるなら、配合成分をきっちりチェックすることも取り入れてみましょう。また肌に合うかどうか、試供出来るものはしっかり使用感を確認することも大切です。

市販の美白クリームは、基本的に一般の保湿クリームより成分内容が強めです。添加物フリーの物が安心ですが、お試しする方がより安心出来ます。美容皮膚科ではハイドロキノンのような美白クリームを処方してもらえます。しかしハイドロキノンは、効果が高い反面、副作用も心配です。

一般的に販売されている美白クリームであれば、医師の処方も不要で手軽に使うことが出来ます。効果の実感はハイドロキノンと比べると緩やかなのに対し、副作用のリスクが低いことが安心出来るポイントです。

デリケートゾーンの黒ずみはしぶといです。しかし肌のことを考えて低刺激性のものを使えば、徐々に解消すること望めます。美白を成功した時に、コツコツケアしていて良かったと言えるよう頑張ってみてください。