デリケートゾーンが黒ずんでるとヤバイ!美白ピンク色になろう!

デリケートゾーンが黒ずんでいると何%かの男性はちょっと引いてしまいます。なぜなら遊んでいると勘違いするからです。本当は遊んでいるのではないのに黒くなってしまっている女性は良く悩んでしまいますよね。そんな悩みを解決する方法をまとめました!

カテゴリー: デリケートゾーンの黒ずみ解消法

ジャムウ・ハーバルソープはデリケートゾーンの黒ずみに効果あり?

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!

温泉旅行や彼氏とのお泊りの度に、密かに自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるんじゃないかと気になったことはありませんか?デリケートゾーンの黒ずみは気軽に人に相談できるものでもなく、またなかなか人と比較しづらいため1人で悩みを抱えている人も多いのかもしれません。そもそも、なぜデリケートゾーンに黒ずみができるのでしょうか?黒ずみの原因となっているのはメラニン色素です。メラニン色素は外部からくる肌への刺激を守ってくれる役割を果たしているのですが、乳首やワキ、デリケートゾーンなど皮膚が薄いところは特に肌を守ろうとして色素が沈着しやすくなってしまいます。また、下着や衣類との擦れや、自己流でのムダ毛処理といった外からの刺激だけでなく、ホルモンバランスが乱れることでもメラニン色素が発生しやすくなってしまいます。日頃の習慣を気にしていても、黒ずみが解消されるまでにはなかなか時間がかかります。こうした時に利用したいのがデリケートゾーンにも使える黒ずみ解消商品です。特に毎日のバスタイムで使えるジャムウ・ハーバルソープは手軽で続けやすいためお勧めです。

ジャムウ・ハーバルソープってどんな石鹸?

ジャムウ・ハーバルソープは、見た目は普通の石鹸と変わりません。普通の石鹸は体についた汚れを落とすための洗浄成分が主ですが、ジャムウ・ハーバルソープにはそれだけでなく、気になる肌のニオイや黒ずみを改善してくれる成分が含まれています。「ジャムウ」という聞きなれないものは、インドネシアで古くから民間療法として使われていた天然の成分です。ハーブや木の根といった自然のものを混ぜ合わせたものですが、ジャムウ・ハーバルソープはそれを日本人の肌に合わせた成分や配合に工夫されて作られています。無香料・無着色で防腐剤や安定剤も使っていない自然の成分で作られているため安心して使えそうです。ジャムウ・ハーバルソープに含まれている原料は、自然派石鹸の材料としても使われているヤシ油の他に、肌をしっとりとさせる効果のあるカミツレ油、肌のダメージを抑えるアロエベラ、古くから漢方薬としても用いられてきたオタネニンジンなどが含まれています。

ジャムウ・ハーバルソープはどうやって使うの?

ジャムウ・ハーバルソープは石鹸なので、バスタイムの際に体をあらうのに使用すればよいのですが、より効果を高めるためのポイントがいくつかあります。まず、ジャムウ・ハーバルソープは天然成分で主に作られているため、通常の石鹸よりも泡立ちが良くありません。そのため、しっかりとした泡を立てるためのネットが必要になります。また、黒ずみやニオイが気になる場所をしっかりケアしたいときには泡パックが有効です。デリケートゾーンなどの気になる部分に泡立てた泡をのせ、3分ほどパックしてあげます。泡立てネットの水をよく切ってから泡立てると固く落ちにくい泡が出来ます。また、黒ずみケアを集中的にしたい場合には石鹸を直接気になる箇所に塗るという方法もあります。少し抵抗があるかもしれませんが、天然成分でできているジャムウ・ハーバルソープだからこそできるケアでしょう。

072

ハイドロキノンは使用出来る?デリケートゾーンの黒ずみには危険と言われる理由

デリケートゾーンの黒ずみケアに使われるハイドロキノンやトレチノインとは?

ハイドロキノンやトレリチノインは、美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを治療する際、医師から処方してもらう医薬品です。

ハイドロキノンは、メラニンを作るチロシナーゼという酵素をブロックする働きが期待出来ます。苺やコーヒーなど身近な食材にも含まれているものです。日本では低濃度のハイドロキノンであれば、化粧品に入れられるため、2%のものなら個人でも購入出来ます。

しかし高濃度のものは医師による処方がいるため、美容皮膚科に行かなければ入手できません。海外ではアメリカは使用可能ですが、ヨーロッパでは使うことが出来ない国もあります。

またトレチノインは、ハイドロキノンと一緒に処方してもらうことが多い医薬品です。トレチノインの場合は、ターンオーバーの促進が望める成分なので、すでに出来た黒ずみを排泄しやすくします。

つまりハイドロキノンとトレチノインの使用で、デリケートゾーンの黒ずみの予防と解消が期待出来るということになります。2つを同時に使えば高い美白力を実感可能です。

ハイドロキノンやトレチノインはデリケートゾーンの黒ずみには危険?

しかし病院で処方してもらえるハイドロキノンは、デリケートゾーンに使うのは危険を伴うことがあります。確かに高い美白力が魅力ですが、その反面肌への刺激が大きいというデメリットがあるからです。

特に5%以上の高濃度のハイドロキノンは、肌を強く漂白する作用があります。白斑といって白くブチのような模様が出来るため、要注意です。

さらに恐ろしいのは、発ガン性物質が懸念されていることです。5%以上のものを一定量経口摂取すると、発がん率が上がるという実験結果も出ています。口から摂取するよりも、塗る方が発がん率は下がりますが、リスクの高い医薬品であることは知っておいた方が良いでしょう。

トレチノインにも要注意です。トレチノインの場合は、デリケートゾーンや乳首など、皮膚の薄い部分に使うと、肌が荒れてしまうことがあります。ひどい場合はシミや、赤みを帯びることもあります。

ターンオーバーの促進に効果は期待出来ますが、効果が高すぎて皮がめくれる恐れもあり注意が必要です。

どんな成分なら安心?ハイドロキノン以外でデリケートゾーンの黒ずみケア

ハイドロキノンやトレチノインは、大変リスキーな成分であることがわかりました。陰部の肌荒れや、発ガン性を考えると、怖いと感じる方も多いと思います。

一体どのような成分なら良いのでしょうか。他の美白成分と言えば、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸が有名どころです。ビタミンC誘導体は厚生労働省に効果は認められていますが、少し物足りなく効き始めるまで、期間が長すぎるというデメリットがあります。

一方でトラネキサム酸は、ビタミンC誘導体と同じく厚生労働省認可の成分であり、高い効果も望める成分です。高価な顔用美白化粧水にも使用されているのが特徴です。デリケートゾーンの黒ずみクリームでは、イビサクリームなどにも入っています。

最後にデリケートゾーンの黒ずみには、ハイドロキノンのクリームで解消することはおすすめしません。それならトラネキサム酸の入った、デリケートゾーンの黒ずみ向けのクリームでケアする方が、より安心でおすすめです。

071

本当にあのクリームで治るの?ニベアでデリケートゾーンの黒ずみケアは可能か検証

デリケートゾーンの黒ずみケアにも使えると噂のニベアクリームとは?

デリケートゾーンの黒ずみにも使えると噂されている、ニベアクリームは知名度の高い万能保湿クリームです。薬局やドラッグストアでも見かけるこのクリームは、本当にデリケートゾーンの黒ずみを消すことが出来るのでしょうか。

そもそもニベアクリームとは何か、まず見て行きたいと思います。ニベアは豊富なラインナップがあり、中でも青色シリーズが人気です。缶に入ったものや、チューブタイプなどがあります。ニベアの青缶とよく呼ばれていますが、正式名は「ニベアクリーム」です。

入手しやすくリーズナブル、しかもボディケアやヘアケアまでマルチに使える万能選手です。そのため多くの女性がSNSでも取り上げ、「すごいクリームがある」と話題にのぼっています。

多様な使い道があるため、1つあると何かと便利な商品です。肌に被膜を作る働きにより、摩擦や乾燥などから守る効果が期待出来ます。保湿力が期待出来るクリームなので、肌がスベスベしたり、健やかになるのを実感出来ます。

シンプルなクリームで、誰でも使いやすい所も魅力の1つです。

ニベアで美白ケアは出来る?デリケートゾーンの黒ずみを解消

大人気の保湿クリームのニベアで、デリケートゾーンの黒ずみを解消出来るのかどうか調べてみました。残念ながら、ニベアはうるおいケアには向いているが、黒ずみケアには向いていません。

その理由は、成分内容にあります。保湿成分は多く入っているのは良いことですが、美白成分が入っていないからです。デリケートゾーンの黒ずみをケアする場合は、美白や保湿成分が入っている、または新陳代謝の促進が期待出来るものを選ぶ必要があります。

しかしニベアには、新陳代謝や保湿ケア重視の成分ばかりで、メラニンを抑制する美白成分が入っていません。ニベアはデリケートゾーンの黒ずみを美白するには、戦力になりにくいのが実際のところです。

使用しない方が良い!?デリケートゾーンの黒ずみにニベアを塗る方法

デリケートゾーンの黒ずみにニベアを塗っても意味が無いことがわかりましたが、どうしても塗ってみたいという方もいるのではないでしょうか。正直陰部にニベアクリームを塗るのはおすすめ出来ません。

陰部に使用した人の口コミをチェックしていたら、「ブツブツが出来た」「肌荒れした」などの感想があったからです。陰部はムレやすく、ニベアには結構オイリーなテクスチャーなので、肌が荒れるのも無理はありません。

そしてどうしても使う際は、夜に使うことをおすすめします。濃厚なクリームなので朝塗ると、1日中ムレてしまう恐れがあるからです。肌荒れが出てしまった場合や、効果が無かった場合は使用をすぐに止めるようにしましょう。

特に敏感肌の方は特に使用を控えるようにしてください。せっかく前向きに黒ずみケアをしようとしているのに、肌荒れしてひどくなるのは辛いものがあります。

いくら万能クリームとはいえ、デリケートゾーンの黒ずみケアは本来の目的とかけ離れています。ニベアが陰部の美白を出来ないのは、仕方が無いことです。保湿ケアとしてはコスパも良い商品ですが、陰部に塗ることはおすすめしません。

しっかりとデリケートゾーンの黒ずみ解消するなら、専用の美白クリームを使うことをおすすめします。

068

クリニックに行く前に!クリームでデリケートゾーンの黒ずみをケア

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームとは?

最近はデリケートゾーンの黒ずみにも使えるクリームなどを購入出来ますが、クリームを塗っても効果が無いとすぐに諦めてしまう人も多くいます。即効性を感じられないと、なかなか頑張って続けにくいですよね。黒ずみケアは継続することが重要なので、3ヶ月まずはチャレンジしてみましょう。

購入場所としては、薬局やインターネット通販があります。それぞれ取り扱い商品も違いますが、いずれにしても口コミレビュ―で好評なものを買うことが大切です。また成分内容もよくチェックしてください。

成分内容に関して言うと、美白成分と保湿成分が入ったものがおすすめです。美白成分ではビタミン誘導体や、トラネキサム酸などがよく配合されています。保湿成分は、コラーゲンやセラミドなどがあります。その他にもグリチルリチン酸などの殺菌成分や、プラセンタなどの肌の代謝促進が望める成分が入っているものも選ぶと良いでしょう。

美容皮膚科に行きレザー治療をしたり、医薬品を処方してもらう方法もありますが、自宅でケアをするなら美白クリームがおすすめです。自宅なら他人にデリケートゾーンを見られずに済み、自分に合ったクリームを見つけてケアをすることはメリットも多いです。

安心して使えるの?デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム

陰部の黒ずみケア向けに製造されたクリームは多くあります。中でもイビサクリーム、ホワイトラグジュアリープレミアム、ハーバルラビットなどは口コミでも紹介されることが多いです。雑誌やメディアでもひっきりなしに掲載されている、売れっ子商品たちです。

このようにデリケートゾーンの黒ずみケアに使用出来る商品は、共通して肌に優しいのが特徴です。製造工場でも衛生面への配慮や安全を順守するように決められ、使う人が安心して使えることがポイントです。

美白クリームのすごい所は、デリケートゾーンだけでなく、乳首やヒジやヒザなど気になる部分に塗れることです。そのため1本あれば、使い勝手も良く何かと重宝します。商品の価格は商品によりまちまちですが、毎月7,000円前後で使用可能です。返金保証があるので、始めて使う人も商品が合うがどうかもチェック出来ます。

諦めないでチャレンジしよう!デリケートゾーンの黒ずみを美白クリームで解消

デリケートゾーンの黒ずみは、日々の色素沈着が重なり出来てしまったものです。そのため、美白クリームを塗って数週間で変わることはあまり期待出来ません。即効性が欲しいという方は、美容皮膚科やクリニックに行くと良いでしょう。

レーザー治療は変化の実感が早い解消法です。しかし美白クリームでも、継続して使えば徐々に変化することが実感出来るでしょう。デリケートゾーンのケアも顔と同じぐらい丁寧に行うことが大切です。

今回紹介した商品のように全額返金保証があれば、安心して使えるので一度試してみる価値はあります。悩みが1つなくなると自信も生まれます。あなたが心から美しく輝けるよう応援しています。

063

デリケートゾーンの黒ずみ美白ケア!生活習慣の見直しから専用のクリームまで紹介

あらゆる角度からデリケートゾーンの黒ずみ解消方法を分析調査!

「どうして私だけアソコが黒くなるの?」とデリケートゾーンの黒ずみを悩んでいる方のために、様々な解消法を提案します!

ちなみに陰部の黒ずみで悩んでいるのは、あなただけではありません。最近はビキニラインを脱毛する女性が増加傾向にあるため、隠れていたアソコの黒ずみが表だって目立つようになってしまいました。

そのため実は、同じように陰部の色素沈着で悩んでいる方は多くいます。場所が場所なだけになかなか話しづらいだけで、皆どうやって治すのか同じように考えているものです。だから落ち着いて今から紹介する方法を、チェックしてみてください。

普段の過ごし方でデリケートゾーン黒ずみを解消する方法

日頃の生活を見直すことも大切です。特に肌のターンオーバーをよくするように、規則正しく生活するようにしましょう。ターンオーバーとは、古くなった肌が新しく生まれ変わるサイクルのことを指します。

私たち人間の細胞は何度も蘇生を繰り返し、正常な肌サイクルは1周28日(基準は20代前半)です。しかし年齢を重ねるとだんだん周期が長くなり、新しい細胞に生まれ変わるのが遅くなります。

ターンオーバーが遅れると、メラニン色素が排泄されず、肌に溜まってしまいます。そのため頑固な黒ずみの原因にもなるので、食事・運動・睡眠などに気を遣った正しい生活が重要です。

デリケートゾーンの黒ずみを美白するための2つの方法

陰部の黒ずみを美白するには、美容皮膚科で医師に診てもらうか自宅でセルフケアするかの2種類あります。それぞれどのような方法があるのか、紹介します。

まず美容皮膚科では、レーザー治療やハイドロキノンを使った美白方法が一般的です。レーザー治療では、肌の中にあるメラニンにレーザーを反応させて除去していきます。即効性を実感しやすいメリットと、高額で痛みやダウンタイムを伴うデメリットもあります。

またハイドロキノンという医薬品を処方してもらうことも可能です。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるものです5%以上の濃度は安全上、医師による処方が必須となります。併用されるトレチノインもまた、肌のターンオーバー促進が強く望めますが、ハイドロキノン同様肌への刺激が強い成分です。

次に自宅で行う場合は、美白クリームを使うことになります。美白クリームと言っても陰部専用のもののことです。インターネット通販で購入出来るものが多く、薬局では手に入れにくいのが特徴です。

厚生労働省認定の有効成分が入ったものや、添加物フリーのものがあります。多くの陰部の黒ずみクリームは、全額返金保証つきの商品が多いのでしっかりお試し出来ることがメリットです。値段は安すぎることはありませんが、しっかり美白効果が期待できるのが特徴です。

美白&保湿でダブルケア!デリケートゾーンの黒ずみ用に開発されたクリーム

中でもおすすめのケア方法が、美白クリームを使ったものです。生活習慣を見直す方法よりも、美白成分が入っているので積極的にケアが期待出来ます。また、美容皮膚科のレーザーやハイドロキノンのように、痛みや副作用の心配もいりません。

デリケートゾーンのように、外部の刺激に敏感な部分向けに開発された商品なので、安心して使うことが出来ます。黒ずみ美白クリームは、添加物フリーであることが特徴の1つにあります。配合成分は商品により異なるものの、多くの陰部の黒ずみクリームには、美白成分や保湿成分がしっかり含まれています。

つまりデリケートゾーンの黒ずみクリームは、その他の解消法の欠点をカバーしている方法です。

今回は様々な解消法をお伝えしました。友達同士では話せない悩みですが、もし話せる人がいたら悩みを打ち明けるのも良いでしょう。そしてここで紹介したおすすめの方法を、シェアして一緒に解決していけば、モチベーションアップにも繋がります。

美白ケアは長く続けることが大切なので、長い目で見て努力すれば報われること間違いありません。