デリケートゾーンの黒ずみが気になる!

温泉旅行や彼氏とのお泊りの度に、密かに自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるんじゃないかと気になったことはありませんか?デリケートゾーンの黒ずみは気軽に人に相談できるものでもなく、またなかなか人と比較しづらいため1人で悩みを抱えている人も多いのかもしれません。そもそも、なぜデリケートゾーンに黒ずみができるのでしょうか?黒ずみの原因となっているのはメラニン色素です。メラニン色素は外部からくる肌への刺激を守ってくれる役割を果たしているのですが、乳首やワキ、デリケートゾーンなど皮膚が薄いところは特に肌を守ろうとして色素が沈着しやすくなってしまいます。また、下着や衣類との擦れや、自己流でのムダ毛処理といった外からの刺激だけでなく、ホルモンバランスが乱れることでもメラニン色素が発生しやすくなってしまいます。日頃の習慣を気にしていても、黒ずみが解消されるまでにはなかなか時間がかかります。こうした時に利用したいのがデリケートゾーンにも使える黒ずみ解消商品です。特に毎日のバスタイムで使えるジャムウ・ハーバルソープは手軽で続けやすいためお勧めです。

ジャムウ・ハーバルソープってどんな石鹸?

ジャムウ・ハーバルソープは、見た目は普通の石鹸と変わりません。普通の石鹸は体についた汚れを落とすための洗浄成分が主ですが、ジャムウ・ハーバルソープにはそれだけでなく、気になる肌のニオイや黒ずみを改善してくれる成分が含まれています。「ジャムウ」という聞きなれないものは、インドネシアで古くから民間療法として使われていた天然の成分です。ハーブや木の根といった自然のものを混ぜ合わせたものですが、ジャムウ・ハーバルソープはそれを日本人の肌に合わせた成分や配合に工夫されて作られています。無香料・無着色で防腐剤や安定剤も使っていない自然の成分で作られているため安心して使えそうです。ジャムウ・ハーバルソープに含まれている原料は、自然派石鹸の材料としても使われているヤシ油の他に、肌をしっとりとさせる効果のあるカミツレ油、肌のダメージを抑えるアロエベラ、古くから漢方薬としても用いられてきたオタネニンジンなどが含まれています。

ジャムウ・ハーバルソープはどうやって使うの?

ジャムウ・ハーバルソープは石鹸なので、バスタイムの際に体をあらうのに使用すればよいのですが、より効果を高めるためのポイントがいくつかあります。まず、ジャムウ・ハーバルソープは天然成分で主に作られているため、通常の石鹸よりも泡立ちが良くありません。そのため、しっかりとした泡を立てるためのネットが必要になります。また、黒ずみやニオイが気になる場所をしっかりケアしたいときには泡パックが有効です。デリケートゾーンなどの気になる部分に泡立てた泡をのせ、3分ほどパックしてあげます。泡立てネットの水をよく切ってから泡立てると固く落ちにくい泡が出来ます。また、黒ずみケアを集中的にしたい場合には石鹸を直接気になる箇所に塗るという方法もあります。少し抵抗があるかもしれませんが、天然成分でできているジャムウ・ハーバルソープだからこそできるケアでしょう。